読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初期衝動と熱量

(∵)いちばん最初にどう思ったか だと思うんですよ。

僕がよく言ってますけど《初期衝動と熱量》だってよく言ってるんですけど。

どんなものも好きになった時はいちばん燃え上がってるし、続けてくと気持ちって段々萎えていくんですよ。やり甲斐もなかったり、苦しいことがやっぱり絶対にあるから。壁にぶつかってしまうし。

それがまぁ、例えばどんな好きなものを見つけても絶対にあるはずなんですよね。

苦しまないで逆にうまくいく人ってのは一握りなので。

なので最初に やりたい! って思った気持ちをどうやって維持するかとか、思い出すかって事が僕はいつも自分で心がけてることなんですけど。

なので、そうですね、本当にその気持ちが消え失せちゃったらかえってこないけど、もう一度頑張ろうって少しでも思えるんだったら辛くても我慢して今は続けたほうがいい 時もあるし、それでなんか例えば体調壊したり体壊したり心壊したりしちゃうんだったら、もうスパっと辞めて新しい出会いを探すっていう選択肢もあると思います。

(らじらー!サタデー 2015.07.18 22:50頃)

 

 

Q.小説を書くためにいちばん大事にしていることは?

(∵)僕も高橋さんと一緒で初期衝動みたいなものは絶対に必要なんですけど、行き詰まった時も家でパソコンの前に立ったまま何も書けないって日があったりすると人と会った瞬間にそれが融解する感じって結構あって。

以前、伊集院静さんとお会いした時に「体で書け!」って。だから旅行しろって言われたんですけど。いやいやスケジュール的にって色々思ったんですけど(笑)「体で書け!」ってことはいろんな人と会って体験したり話したりするってことが確かにイメージ膨らむなと思いましたね。

僕がいつも自分に言い聞かしてるというか《初期衝動と熱量》をすごく大事にしてて、『Burn.-バーン-』とか実はそういう意味もあるんですけど。それは本当に大事だと思います。”魂 燃やせよ”は自分にも言ってた部分がある。

フルマラソンみたいなところがあって本当何回か辛いんすよねぇ、長く書いてると。だからランナーズハイみたいになってる時は良いんですけど。30kmくらいとか本当疲れるじゃないですか、やった事ないですけど(笑)そんな感じに走り続けるのは多分熱量とか初期衝動がないと無理かなと思って。

(すっぴん! 高橋源一郎さんと 2014.06.13)